読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真鍋裕司の映画人生

映画大好き真鍋裕司が映画に関する様々な知識を紹介していきます。

淀川長治さんを紹介

淀川 長治(よどがわ ながはる、1909年(明治42年)4月10日 - 1998年(平成10年)11月11日)は、日本の雑誌編集者、映画解説者、映画評論家です。兵庫県神戸市出身。旧制兵庫県立第三神戸中学校卒業、日本大学法文学部美学科予科中退。長年にわたって「日曜洋画劇場」の解説を務め、ヨドチョーさんの愛称のほか、その独特の語り口からサヨナラおじさんとして親しまれました。

1966年(昭和41年)から始まるテレビ朝日系長寿番組『日曜洋画劇場』(当初は『土曜洋画劇場』)の解説者として、番組開始から死の前日までの32年間、独特の語り口でファンを魅了し続けました。

特に「怖いですねえ、恐ろしいですねえ」や番組末尾の「それでは次週を御期待下さい。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ...」は淀川さんの名台詞として語り草とされており、子供たちやタレントの小松政夫がこれをものまねするなど一躍お茶の間の人気者となりました。